過払い金は返還請求で取り戻せる

キャッシングやクレジットカードを利用する人の多くは、実際にお金を借入れる際には金利の差だけに目が行きがちです。


たしかに、業者によって金利には差があり、少しでも利息を安くするには金利の低い業者を選ぶことが大事です。しかし、一見、キャッシングやクレジットカードの金利というものは業者が独自に設定しているように見えて、その上限は法律によって決められているということを知らないという人は少なくはないはずです。
キャッシングやクレジットカードなどの個人向けの少額融資を行っている業者は銀行を除いて、貸金業者というカテゴリーに属しています。


この貸金業者の金利の上限については利息制限法という法律があり、その法律で定められている上限を超えた金利を設定することはできません。しかし、利息制限法には違反した貸金業者に対しての罰則がないため、一部の貸金業者では利息制限法を無視した金利を設定している場合があります。

このような利息制限法を無視した金利を用いて計算された利息については過払い金と呼ばれ、消費者は本来であれば支払う必要のない利息となります。

レイクの過払いの情報がわかりやすく紹介されています。

そのため、過払い金に関しては、貸金業者に対して過払い金返還請求をすることで支払い過ぎてしまった利息を取り戻すことができます。



過払い金返還請求の手続きは個人でも行うことができますが、貸金業者を相手にしなくてはならないので手間取りがちです。


そのため、過払い金返還請求の手続きに手間や時間をかけたくはないのであれば、司法書士や弁護士へ依頼をするようにしましょう。

あなたの探していたOKWaveの補足説明を致します。